b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンクリスマスセール

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

美容のための皮膚科や美容目的の皮膚科といった病院なら、ずっと気にしていた色素が濃い目もとのシミ・ソバカス・ニキビ傷にも効果が期待できる、今までにはない肌ケアが実践されているのです。
肌がヒリヒリするくらいの洗顔行為は、顔の皮膚が硬くなりくすみのベースになるのです。タオルで顔の水気をとる状況でも肌に軽く当てるような感じでちゃんと水分を落とせます。
睡眠時間の不足とか気が休まらない暮らしも、顔の皮膚のバリア機能を弱めさせるので、傷つきやすい肌を構築していきますが、スキンケアの方法や暮らし方の変更で、傷を作りやすい敏感肌は少しずつ快方に向かいます。
肌に問題を抱えている人は、肌本来の治癒力も減退傾向により傷が大きくなりやすく、きちんと治療しないと傷跡が残ることも困った敏感肌の特徴的なトラブルです。
やたらと美白に関するものを試してみることはせず、ひとまず「日焼け」をした場所を学び、更なる美白に向けての情報を把握することが肌に最も有用なことになると断言できます。
産まれてからずっと皮膚が大変な乾燥肌で、パッと見た見た目と違いどうしても気になるシワができたり、顔の透明感がもっと必要な美肌からは程遠い感じ。こんな人は、食品中のビタミンCが有益でしょう。
洗顔は素っぴんに戻すためのクレンジング製品のみで、肌の汚れは問題ない状態にまで消えますので、クレンジング製品使用後に洗顔を複数回するダブル洗顔と呼ばれるのは実は悪影響をもたらします。
就寝前、非常につらくて化粧も落とさないうちにそのままベッドに横たわってしまった状況は、一般的に誰しもあるものと想定されます。だけれどスキンケアに限って言えば、正しいクレンジングをしていくことは大切です
お金がかからず魅力的なしわ防止方法は、必ずや極力紫外線を皮膚に当てることがないように注意することでしょう。ちょっと出かけるだけでも、猛暑の時期でなくても日傘などの対策を徹底的にすべきです。
先のことをあまり考えず、見た目の綺麗さのみを深く考えた過度なメイクが、先々の肌に酷い影響を与えるでしょう。肌が綺麗なあいだに、問題ないスキンケアを学習していきましょう。
しわが生まれる原因とみなされている紫外線と言われるものは、肌のシミやそばかすの起因と考えられる美しさの敵です。20代前後の肌を憂うことない日焼けが、30代を迎えてから消せないシミとなって目に見えてきます。
一般的な敏感肌手入れにおいて忘れてはいけないこととして、今からでも「保湿ケア」を続けましょう。「水分補給」は毎日スキンケアのお手本となる行動ですが、荒れやすい敏感肌ケアにも活用可能なのです。
就寝前のスキンケアにとても大切なことは「適切な量」であること。今現在のお肌のコンディションを熟慮して、「要求される素材を必要な分だけ」といった、相応しい毎朝のスキンケアを実行していくことが肝心です。
皮膚への負担が少ないボディソープを使用しているケースでも、シャワーすぐあとは乾燥を防ぐ皮脂も失われている状況ですから、忘れることなく肌の水分量を整えてあげて、肌のコンディションを整えるべきです。
洗顔によって皮膚の潤いを、過度に取り去らない事だって重要なことになりますが、顔の古い角質を取り除くことも美肌を左右することになります。たまには角質を取って、皮膚を美しくするように頑張ってみてください。