b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンセールキャンペーン

 

 

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

 

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

あるデータによると、OLの50%以上の方が『どちらかといえば敏感肌だ』と思っていると言われています。男の方だとしても女性と似ていると思う人は結構いると思います。
対策が難しい乾燥肌(ドライスキン)と定義されるのは、皮脂が出る量の必要量不足、角質細胞にある皮質の低減に伴って、体の角質の瑞々しさが少なくなっている細胞状態のことです。
草の香りや柑橘系の匂いの肌に良い日々使えるボディソープもお勧めできます。良い匂いで疲れを取ることができるので、体のしんどさからくる対策が難しい乾燥肌も治癒できると考えます。
そもそもニキビは、「尋常性ざ瘡」とも言う肌の病気だとされています。普通のニキビとあなどっているとニキビ跡が残ることも想定されるから、最も良いと考えられる迅速な対応が必要になります
美肌になるための基本は、三食と寝ることです。毎日寝る前、お手入れするのに嫌気がさすなら、思いきった時間の掛からないやりやすいより早く寝るのがベターです。
姿勢が悪い女性は知らず知らずに顔がよく前に倒れ、深くて大きなしわが首にできることに繋がります。日々猫背にならないようにすることを意識して動作することは、ひとりの女としての所作を考えても理想的でないでしょうか。
指先でタッチしたり、つまみ潰したりして、ニキビが残ったら、きれいな色の皮膚に回復させるのは、とにかく時間がかかります。ベストなニキビ治療薬をゲットして、本来の皮膚を残そう。
顔にいくつかあるニキビは見た目より治しにくいものと考えられています。皮脂、部分的な汚れ、ニキビを発生させるウイルスとか、理由は少しではないというわけです。
覚えていて欲しい点として敏感肌傾向の方は顔の皮膚がデリケートなので、洗顔料のすすぎが確実に済ましていないケースでは、敏感肌もち以外の人と比較して、皮膚への負荷が大きくなることを忘れることのないようにして対応しましょう。
少しでもアレルギー反応があることが過敏症とされることがなくはないということを意味します。傷を作りやすい敏感肌ではないかと思いこんでいる女性が、ケアの方法を見つけようと検査してみると、実はアレルギーによる反応だという実態もありえます。
乾燥肌問題をなくすために簡単な方法は、お風呂に入った後の保湿行為です。確かに、入浴後が水分が奪われ肌を気にしてあげてほしいと伝えられて多くの人は保湿を実践しています。
美白に悪影響を及ぼす要素は紫外線になります。さらに若返り力の低下がプラスされて、顔の美肌は期待薄になるのです。皮膚の生まれ変わりの阻害を引き起こした原因は、ホルモンバランスの崩れだと言えます。
未来のために美肌を考慮して、肌を傷つけない日々の美肌スキンケアを行うのが、末永く美肌を得られる、看過すべきでないポイントと定義づけても良いと言えるでしょう。
だいぶ前に生成されたシミは、メラニン物質が皮膚表面からずっと離れた箇所に多いので、美白目的の化粧品を6か月ほど愛用しているのに肌が良くなる兆候が現れないようでなければ、医院で医師に相談すべきです。
例として挙げるのなら、皮膚の吹き出物や水分不足からくる肌荒れを、何一つ手立てをしないようにするようなことがあると、肌全体はいっそう傷を受けることになり、近い将来シミを生み出します。